岡山まるごと情報発信ポータルサイト『大好き!晴れの国おかやま』

大好き!晴れの国おかやま

”晴れの国おかやま”のセールスポイント

  • 岡山って
    どんなところ?

  • 歴史
    伝統行事

  • 見どころ

  • 自慢の逸品

”晴れの国岡山”と呼ばれる理由は?

「晴れの国」と呼び始めたのはいつ

平成元年から岡山県のトータルイメージを表現する言葉として、広報活動をはじめ幅広く使っています。 平成26年から「晴れの国おかやま」の素晴らしさをアピールするため、「もんげー岡山!」というフレーズも使っています。 (もんげーとは、岡山弁で「すごい」という意味です。)

どうして「晴れの国」。

  • その1 晴れの日が多い。
  • その2 温暖な気候。災害が少ない。
  • その3 美味しいものが多い。
  • その4 自然がいっぱい。

データが語る「晴れの国」

ダントツではないが、確実に晴れの日が多い。
・降水量1mm未満の日:276.7日で全国第1位 (気象庁「全国気候表(1991~2020年(30年間)の降水量1ミリ以上の日数の平年値をもとに算出)」)